検索商売

探すのも簡単じゃないよ、でも探すだけじゃ商売にならないよ

ロ、ロシアェ…

 やはりロシアは劣勢というか、困っているのだろうか。

 全然わからなくなってきた。

北朝鮮から武器弾薬を購入調達

 > 北朝鮮には売るほどあるの? 使えるの?

   北朝鮮にしても獲得外貨がルーブルでは、意味ないよね。

・予備役(予備でなく実働兵?)として国民を動員

 > ロシア軍損耗・被害はウクライナ側の1割ということだったけど…?

   動員ってことだけど、事実上の徴兵だよね…?

 

 2月に戦争を始めて、当時は6月には財政破綻すると言われていたが、それは手形を切りまくるとか、何らかの手段で乗り切っているのだろう。

 それよりも現実的な問題、つまり兵力、武器弾薬などの在庫、そして兵站がショートし始めた(否、ショートしている)ことに直面しているのだろう。

 

 …とはいえ、本当にそうなのか(=報道が正しいのか)、100%信じられないのだが、今回はロシアから(徴兵逃れのために)脱出する人の報道がされており、ある程度は信憑性がありそうだ。 つまりロシアは劣勢だということだ。

 

 結局、相当前に書いた通りの結果になるのかもしれない。

 …停戦せざるを得なくなるが、ウクライナの国土を破壊しておきながら何も得られないという結果になり、プー公は退陣必至だ。 周りに群がっていた連中の体制も崩壊する。

 「プー公のようなことをしない」人が後を襲うか、「しない」ことを強制される。 政治を他国から監視されるようになるかもしれない。

 ウクライナへの戦後賠償による出費、国内兵隊へのフォローでお金がかかる。

 国際社会からの白い目、そしてガスを止めたことについて賠償を迫られ、お金は払えないのでタダで外国へガスを供給することになる。

 ロシア国内の経済は疲弊し、孤立を深める。 ツケは国民だ。

 

 暗い将来しかロシアにはない。

 何のための侵攻だったのか。

始まったよ、5回目接種

 壮大なる実験かつ執行だ。 運命の5回目接種が始まるのだ。

 副反応死亡が急激に増加し始めるかどうか…。 それがもう少し先になるなら、まだ時間が稼げるが…。 しかしダラダラとコロナ抑圧を続け、結局は注射を続けるのだろう。

 

新型コロナワクチンの接種状況 | デジタル庁

 

 皆、落ち着いてほしい。 こンな注射ではどうにもならないのだ。

 自然淘汰なのだから、どうしようもない。 状況や環境の変化でしかない。 そりゃ生存本能があるから流れに棹さしたくもなる。 しかし注射は「さしうる」ものではないのだ。

 この状況を見ているしかできないのは、さすがに歯痒いな…。

被害者ヅラはみっともない

 そりゃ、本当に被害者なら、救済が必要さね。

 

 何かというと、ヘンリー・メーガン問題だ。 エリザベス女王の逝去に伴って、予想通りの悶着を起こしている。

 そもそも自分達で「差別されている、いじめられている」と騒ぎ立てて王室を離脱しておきながら、その権威を利用して商売している。 そういう態度を散々揶揄されていることをなぜ謙虚に受け止めないのだろうか。

 自分達の思い通りにならないからといって、そのような態度を取ることはみっともない。 炎上商法のようなもので、金に群がってくる連中は居ても、親身になってくれる人は誰も居なくなってしまう。 最後は、中身がなにもない、みじめな自分が残るだけなのに。

 

 本来なら、今回の葬儀への参列も、自粛するべきなのでは?と思う。 勿論、英国王室に対して、よその国の平民の俺ちゃンなどがいうべきことではないのは百も承知だが、一般的な「家族いざこざ」の視点からすると、そう思えてならない。 どのツラさげて出てこれるのだろう?

 そりゃ王室側からしたら、「マンドクセー」「袖にしたるわ」「塩対応じゃボケェ」となるのは当然ではないか。 メーガンがキャサリン妃からあからさまにガン無視されてキョドったとか、ヘンリーは(本来着用を許されなかった軍服に)女王の刺繍がなくて落胆したとか、色々報道されているが、さもありなン、としか申しようがない。

 

 まぁ、そういうことだなぁ。 ルールや常識、しきたりに従わない振る舞いをすれば、当然ハブられる。 そこで自分の思い通りにならないからといって被害者ヅラをするのは本当にみっともない、左翼的な態度だ。 半島人、「米国の黒人」のメンタリティを象徴する態度でもある。

 反面教師の最たるものだ。

WHOの発言と実態

www.jiji.com

 

 中国の手先が、中国の施策と真逆のことを言っている。 テドロスも「言わされている」のだろうけど、これは酷い(これまでの発言をみてみれば明らかだが、まともなことをあまり言っていないので、今回のこの発言も危うい)。 よくない方向に世界を誘導してしまうのではないか。

 

 さて中国ではエキセントリックなゼロコロナ施策(過激なロックダウン)をとっており、これは俺ちゃンが主張してきた「一般市民に対する攻撃」に他ならない。

 欧米諸国は(国民性もあるのだろうが)隔離生活にも、マスク着用にも嫌気をさしている。 それでも、世の中が壊滅する事態には至っていない。 日本も、あいまいな時短営業を一部しているくらいで、第7波とやらは収束してきた。 そもそも、「タチの悪い風邪」であって、人間がどうこうしてもあまり意味がないのだ。 ウィルス様、特に風邪を惹起せしめるウィルス様の活動は、人間が抑え切れるものではない。 そういうことはわかっているはずなのに、あえて中国は神経質なロックダウンを続けている。

 理由は邪推するしかないが、なにか思惑があって中共はやっているのだろう。

 

 すっとこどっこい、妄想、と言われてしまうが、これまで書いてきたことと同じことを記しておく。

・コロナ騒動は、意図的に仕組まれたもので、戦争状態を演出している。 実態破壊を伴わない戦争だ。

・攻撃対象は一般市民で、抑圧された生活を強いて、経済活動を抑圧し、あやしい注射を強要している。 その目的は人減らし、分断・格差の拡大によってグレートリセットを行うことである。

・あやしい注射のナカミは全くわからない。 小型チップが入っているとは思えないが、mRNAタイプのワクチンについて、開発者は時期尚早と訴えている。 抗体依存性免疫増強によって、逆に罹患しやすくなると言われていたが、シンガポールやイギリスでそれが証明されてしまった。 日本もそうだ。 また、人工的に同一抗体を強化していくと、5回目から副反応死が増加して、7回目で半数が死ぬという報告もあり、だとすると、ダラダラと接種を続けることで人死にが増えていくだろう。

・コロナ騒動は、特に老人世代の人減らしを狙っている(少子高齢化対策の一環?)。 成熟して安定した国家になれば、当然少子高齢化が進み、活力が低下する。 「生産性の低い老害」は富国強兵・殖産興業に不要である。 年金、医療費といった社会保障負担を減らして、現役世代を支援するため、老人を減らす。 老人向けにワクチン接種を熱心に奨めているのもそうなのだろう。

・今回のコロナウィルスの実在は疑われるところがあるが、「タチの悪い風邪」が流行していることは間違いない。 風邪だから何度も罹患するし、感染力が高いのもうなづける。 また基礎疾患がある人や老人を狙い撃ちにしてくる傾向もある。 そして東アジア沿海部の人間は、生まれつきの抗体を備えており、これらの国々では被害が少ない。 BCGによる訓練された免疫とか、生活習慣の違いも影響しているかもしれない。

 

中国の地震

 被害に遭った方々は悲惨だよな。 これはどうしようもない。

 報道は、毎度のことながら、過小に被害を伝えているようだ。 M6.8で7人死亡というのはあり得ない気がする。

 実際のところはどうなンだろうねぇ。

恐ろシア/ウクライナ戦争

 ゴルバチョフが亡くなったなぁ、としみじみ思いつつ、前後して富豪の事故死報道があり、こないだもそういう報道あったよな、なンかキナ臭いと目を細めていると、次のような記事があった。

 8人かよ!

www.cnn.co.jp

 

 これって…やっぱり、官製の国策暗殺だよね? 実業家ってこたぁ、海外との貿易をベースに商売しているってことで、欧米経済制裁でやりにくくなっていて、政府への献金も渋っている、と。 あるいは実業家たちはウクライナ戦争を明確に嫌気した発言をしたり、態度をとったのだろう。

 その途端にコレかよ!だ。

 先日はプーチンのブレーンと言われる人物の娘が爆殺される事件もあり、いったい何が起きているのか全くわからない(この事件もよくわからず、直前に本人はその自動車への乗車を避けたとのことだ。 実の娘が爆殺されるとわかっていた? ありえないだろ)。

 

 先に「十分な軍資金を用意しているのでは?」と投稿したが、一方で、こうやって私財を取り上げようとしている。 もっとも、実業家たちが「離反する態度」を問題視しているのかもしれない。

 いずれにせよ、こういう国に生まれなくてよかった、と思う。

退屈なウクライナ報道

 全く何が起きているのか、正確なところはわからないなぁ。

 これは当初からそうなのだけど、露助劣勢だとか軍資金ショートといった情報を流しているのは、英国情報部とアメリカの一部メディア(NYTなど)であって、まるで太平洋戦争時の大本営発表のようだ(流される情報も当時と似ている)。

 

 6月には財政破綻するとの話だったけど、いっこうにその気配がない。

 実際、シリア内戦に長期間参戦した実績もあるし、またロシアの財政(特に軍事費)は対外的に明らかになっていない。 実はトンでもない戦争用軍資金が用意してあるのではないだろうか。

 

 戦闘や破壊行為の実態がよくわからないし、互いにディスりあっている状況で、実際のところがまったくわからないし、慣れてきてしまって、どうでも良い、という感じだ。

 

 こういうグダグダに付き合う必要はないよねぇ。